施術後の赤みや腫れ

施術後の赤みや腫れ
トップページ > 施術後の赤みや腫れ

鼻下脱毛の施術後、赤みや腫れはある?完治するまでの期間は?

 

医療レーザー脱毛は脱毛後に赤くなるとか、泥棒ひげになるとか・・
色々といわれているので本当のとこどうなのか?心配になった管理人が調べてみました。

 

結論から言うと管理人は赤みとか白ニキビができたり全くありませんでした。
しかし人によってはデリケートな鼻下では赤みや腫れが出てしまうことは実際にあるようでレーザーの刺激によって軽い火傷が引き起こされるため、このような症状がでるとのことです。

 

通常であれば、早くて1〜2日で遅くても3日もすれば完治するといわれていますが、肌が弱い方では1週間など長引いてしまうこともあるようです。
どちらの場合も、しっかりと対策などを行なうことで早めに完治することができます。

 

赤みや腫れが出た際の対策

 

帰宅後も赤みや腫れがおさまっていない場合は、アイスノンなどで『冷却』すると良いそうです。
冷却を行うと赤みや腫れの正体である熱を抑えることができるので、それによって赤みや腫れが引いていくとのこと。

 

冷却する際は、『冷やしすぎないこと』
直接的にではなくタオルに包んで患部に当てていって、肌を触って冷たくなったのを確認できたら止めること。
冷やしすぎると赤みが残ってしまうことがあるようです。

 

また、冷却だけではなく、クリニックの場合はそちらで処方された『軟膏』などを塗布したり『飲み薬』もあればそちらを服用するという方法も併せて行った方がいいでしょう。

 

こちらを併用していけば、冷却のみを行うよりも赤みや腫れがおさまるのが早くなります。

 

以上が対策ですが、反対に避けた方がいい事としてあげられるのが『脱毛当日の入浴』です。
血行が良好になることでより赤みや腫れが悪化する場合があるとのことです。

 

そのため、なるべく赤みや腫れがなくても脱毛当日はなるべくはシャワーで済ませましょうとの案内をクリニックで受けました。

 

あとこれは厳重に注意されます『日焼け』
脱毛したあとは、肌がダメージを受けているために通常よりも紫外線の影響を受けやすいそうです。

 

赤みや腫れの悪化だけではなく日焼けしやすい状態となるため、外出する際は日焼け止めクリームなどで紫外線対策を行いましょう。
※UV対策を行わずに日焼けをしてしまうと、医療レーザーの機種によっては次回の施術が受けられないということがあります。

 

終わりに、医療レーザー脱毛に通う前の方は費用だけではなく、赤みや腫れといった肌トラブルがでてしまった場合もちゃんとサポートしてくれるクリニックを選ぶことが大切です

 

>> 脱毛クリニック別アフターフォロー比較表

クレジットカ―ド 初心者