施術する際、化粧はどうする?

施術する際、化粧はどうする?
トップページ > 施術する際、化粧はどうする?

脱毛の施術をする際、化粧はどうする?終えたら化粧を落としたまま帰ることになるの?

鼻下脱毛を行う前には、必ずメイク落としシートやクレンジング剤によって鼻下の化粧を落とします。

 

これは医療レーザー脱毛だけでなく光脱毛も同じです。
肌の内部までしっかりと届けて脱毛効果を出すためのものなので、ほとんどのクリニックやサロンで行われます。

 

そうなると、「鼻下だけ化粧が落とされた状態で帰るのか?」と心配になったので管理人も調べました(笑
結論からいいますとパウダールームなどできちんとメイク直しが可能です。

 

クリニックやサロンによっては、ドライヤーやアイロンなどの用意まであって、快適にメイク直しができる場所もあります。
ですから、鼻下脱毛の際に化粧を落とされてもしっかりと直せるので心配要りません。

 

そもそも施術後に化粧をしても大丈夫なのか?

 

特に、クリニックの場合は赤みが強く出るために「この上から化粧をして大丈夫なのか?」といった疑問が沸きますが、なるべくならしない方が好ましいとのことでした。
管理人はスッピンで帰宅できる代物ではないので毎回、化粧しなおして帰ってましたが・・(笑

 

脱毛した直後に化粧をしないほうが良い理由は、レーザー照射後は肌がダメージを受けている状態なので、化粧を塗ったり落としたりといった刺激を与えない方ということでした。実際に、刺激を与えたことで、より赤みがひどくなったり長引いたりというケースがあるようです。

 

そのため帰りはマスクをして帰るという方法が良理想といえます。

 

ちなみに、サロンの場合も、クリニックほどの出力ではないので刺激は少ないもののダメージ自体はあるためノーメイクにマスクが良いです。

 

まとめ

 

鼻下といった顔の脱毛を行う際は、化粧を落とすものの施術後はしっかりと化粧直しができるので化粧をしていっても大丈夫ですが、肌のダメージを考慮すると化粧をせずに行くことが肌に良いので、クリニックやサロンに行く時はノーメイクでマスクの持参が好ましい。

 

帰りもなるべくは化粧せずマスクをして帰ることがいいとのことです。

 

クレジットカ―ド 初心者