医療レーザー脱毛による肌荒れ

医療レーザー脱毛による肌荒れ
トップページ > 医療レーザー脱毛による肌荒れ

医療レーザー脱毛による肌荒れとその対策

医療レーザーによる脱毛後に、肌荒れが生じてしまったという方はいます。この場合、通常であればだいたい『1〜2週間』でおさまることが多いです。

 

ただし、中には肌荒れが一向におさまらず、ニキビのようなぶつぶつも生じてマスクが手放せないという方もいます。

 

理由の多くが、クリニックの施術方法が悪いということだそうです。
脱毛時に出力が強すぎたりクールダウンなどのアフターケアを行わないことが肌荒れの原因と言われています。

 

この場合、すぐに対策をすることで早めに完治するとのことなので、肌あれや毛嚢炎の症状がでた場合は速やかにケアしましょう。

 

また逆に大手のしっかりとしたクリニックでの施術であれば、もともと肌が弱いという原因が多いそうです。
レーザーによる熱で過剰に肌が反応したことで炎症が引き起こされて、かさかさしたり、ブツブツなどが生じてしまうようです。

 

その場合はクリニックから専用の軟膏などが無償で配布されることが殆どなので、そちらでケアをしていきますがどうしても数日経過しても完治しない場合は施術しているクリニックに電話するなどの相談を早めに行いましょう。

 

レーザー脱毛後の肌荒れ対策はどうすればよいか?

 

まず、脱毛した箇所が熱を持っている場合はアイスノンなどで適度に“患部を冷やす”ということがあげられます。これをすることで、熱がおさまって炎症も治まるため、これ以上の肌荒れ悪化防止と肌荒れ改善に結びつきます。

 

あとは、はやり『保湿』が大切です。
保湿は肌をガードして肌荒れを悪化させない役割と、ターンオーバー促進による肌再生といった働きによって肌荒れが改善していきます。

 

方法としては、化粧水後に乳液やクリームで潤いを閉じ込めていくもので、使用する化粧品としては肌に優しい敏感肌向けのものがお勧めと言われています。

 

あとは、施術してもらったクリニックの『アフターサポート』も利用しましょう。症状をお伝えすれば相応の塗り薬を無料で処方してくれると思います。

 

ちなみに、管理人が通った湘南美容外科や無料でサポートをしておりましたが、クリニックによっては処方薬が有料となることもあります。

 

この場合、処方された軟膏を塗布したり飲み薬を服用するということで、通常のケアよりもすぐにおさまるため、早めに解消したい場合はこちらがお勧めです。

 

以上が対策となりますが、反対に絶対に行ってはいけない対策もあります。
@ 肌荒れ部分を触ったり必要以上に触ること
A コンシーラーなどで隠すこと

 

レーザー脱毛により肌あれの症状がでた場合は以上の2点を行ってしまうと、悪化する方向になるので、なるべく気になっても触らずに化粧の際も薄化粧を心がけるようにしたほうが良さそうです。

 

終わりに、脱毛時はとにかく保湿が大切といわれています。
施術前からしっかり保湿をしておくことで、肌荒れも対策ができるので脱毛前・脱毛後の『保湿』は意識してしっかり行うようにしましょう。

クレジットカ―ド 初心者