鼻下が青いのは改善できる?

鼻下が青いのは改善できる?
トップページ > 鼻下が青いのは改善できる?

鼻下が青いのを改善するには医療レーザーと光脱毛どっちが良い?

 

管理人のように、自己処理で鼻下を剃刀や毛抜きで処理していると、男性のように青くなってしまうことがあります。
これは後で調べてわかったのですが、自己処理の負担ででメラニンが生成されて、色素沈着を起こしている肌の状態だそうです。

 

結論から言いますと、鼻下を脱毛すれば自己処理による負担がなくなるので、肌再生がしっかりと行われて鼻下の青さは改善されます。

 

管理人は最初調べもせずにミュゼにいってしまいましたが医療レーザーと光脱毛では『医療レーザー』が絶対に良いと断言できます。

 

理由として、以下の3つです。

  1. 医療レーザーというのは、鼻下の産毛レベルまでしっかりと脱毛することが可能。
  2. 医療レーザーは毛を作り出す毛乳頭細胞を破壊できるので、永久的な処理ができる。
  3. 範囲がせまく、少ない回数で生えなくなるので費用も光脱毛より実は安く収まる。

 

とにかく医療レーザー脱毛は、すぐに自己処理の負担が全くと言っていいほどなくなります。

 

一方、光脱毛は出力が弱いので、どうしても回数をこなさないと処理頻度は変わりません。鼻下は特にそう感じました。
(管理人はミュゼに12回通いましたが効果は微妙でした。)

 

光脱毛は1回あたりに費用は安く感じますが回数をこなさないと効果も得られないし費用がかかるどころか鼻下に関しては結果的に、また自己処理を行うはめになります。

 

まとめると、鼻下の青さを改善するためには医療レーザー脱毛のほうが効果が早いし安いということです。

 

自宅でできる!医療レーザーと併用することで短期間で鼻下の青いのをなくす方法

 

管理人は医療レーザー脱毛をして、それを待たずに早く鼻下の青味をなくしたいと思っていたので色々と自宅でできることも調べてみました。

 

医療レーザー脱毛の効果を最大限に引きあげ青ひげを解消するには『保湿をしっかりと行う』ということでした。

 

保湿をすることで肌のターンオーバーを促すことで肌再生が行われて青味がより早く改善されます。

 

ちなみに使用する保湿クリームなどは、セラミド配合が良くセラミドにはターンーオーバーを促す作用があるとされています。

 

加えていいますと、保湿というのは青味改善だけではなく、脱毛効果を高めることにも繋がります。
実際に、管理人が通った湘南美容外科は脱毛効果を高めるために保湿ケアを行ってから施術に移ります。

 

ですから、青味の改善はもちろん脱毛効果を向上させるためにも今日から保湿を始めてみましょう。

 

ちなみに、鼻下の手入れの際は剃刀や毛抜きの使用は厳禁です!
肌への負担がかからないシェーバーで処理を行い、シェービング後も保湿をしっかりと行って下さい。

クレジットカ―ド 初心者